アナログな世界だが重要だ

車

油断すると物は届かない

どのような業界であっても、物のやり取りはありますが、どの運送会社を利用しているでしょうか。宅配便やバイク便、もしくは軽貨物などを利用していると思います。案外、どの運送会社を利用するかは、あまり拘らない方が多いのかもしれません。まずは、ビジネスの中心地である東京都内において、軽貨物を利用する前の心得を押さえておきましょう。軽貨物は封筒1通から複数小口の荷物まで柔軟に対応でき、東京都内の狭い道でも行ける機動性があり、そして稼働台数が多いのが魅力です。しかし、稼働台数が多いという事は、それだけ事業者も多いという事になります。では、どのような事業者に依頼すれば良いのか。その選定ポイントですが、東京都内での利用を考えるのであれば、東京都内に事業所があり、取引先に中堅規模以上の物流会社あれば無難かもしれません。餅屋は餅屋という言葉があるように物流会社との取引があり、なおかつそれなりの物流会社と継続的に取引があれば物が届かないというのは、ほぼ無いと思われます。軽貨物は、トラック運送会社と違い、現在個人で営んでいる事業者が大半で、その質は千差万別です。コンビニでよくあるフランチャイズが多いので、看板だけは聞いた事ある名前でも実態は看板だけで中身は個人事業主というのがあります。理想は、中堅以上軽貨物東京物流会社のグループ会社か、実際に取引のある物流会社の紹介がいいと思います。ただし、急に軽貨物を利用したいという場合は、「東京 軽貨物 チャーター」などで検索してみると見つかると思います。